デザイン時に気をつけよう

服

線の太さと位置が重要

最近はWEBで申し込むだけでオリジナルTシャツが格安で作れてしまうので、とてもわくわくしますよね。例え格安でもかっこいいTシャツに仕上げたいところですが、その時に気をつけたいのがデザインのやり方です。オリジナルでもTシャツ自体は既製品なのが一般的ですから、当然、一番重要になってくるのが描かれる文字やイラストです。そして、デザインがプリントされる位置も仕上がりを大きく左右するため、是非とも気を付けておきたい点ですね。オリジナルTシャツの場合、プリント出来る範囲に制限があるのが一般的なので、まずはデザイン可能な範囲を確認しておきましょう。基本的にはそこに収まるようデザインすれば良いだけなのですが、範囲いっぱいいっぱいではなく、あえて余白を残したほうが収まりが良くなる場合もあります。また、プリント位置を上下である程度動かせる場合もありますので、実際に着た時をイメージしながら設定しましょう。プリント範囲内なら文字やイラストを自由に描くことが出来ますが、描く時には線の太さは最低でも1mm以上にして、しっかり視認出来るようマーカーなどで描いたほうがキレイに仕上がります。オリジナルで文字を描くのは難しいので、指定されたフォントの中から選べる場合もあります。このように、格安でサービスを行っているメーカーでもそれぞれ細かいルールや仕様は異なりますので、自分たちが表現したい内容に合うところを選ぶのがポイントですね。Tシャツ自体のカラーが選べるところもありますが、ほとんどの場合、白以外は単価が高くなり、格安設定ではなくなるのが一般的です。

PICK UP

メンズ

限りある予算で作る

イベントに必須のTシャツを格安で作るにはいくつかポイントがあります。注意すれば簡単に満たせるので必ずチェックが必要です。オリジナルのデザインを入れる場合に印刷会社のサービスの差が大きく出ます。必要なサービスだけをうまく利用しましょう。

詳しく見る

衣類

アイデアを服にする

サービスを利用すれば、オリジナルTシャツが格安で作れます。サービスには少数生産向きと治療生産向きとがあります。場合によって使い分けましょう。ベースの種類が豊富なことも特徴です。プリントとの組み合わせ方で、多様なバリエーションの服が作れます。

詳しく見る

ウーマン

何処にも販売されてない

自分では、難しいかなっと躊躇していた人にも、簡単にオリジナルのTシャツを作ることはできます。また、必要とする資金も、格安な値段で依頼を受けてくれる業者を探せば、多くの資金が必要としません。枚数の調節もでき、1枚からも受けつてもらえます。

詳しく見る

男の人

こだわりを着る

自分用にファッションを楽しみたくて作ることも、企業や団体用に作ることもあるオリジナルTシャツ。その用途は様々です。格安で制作出来る店舗やサイトも多く存在します。まずは試しに作ってみてはいかがでしょうか。

詳しく見る